2017年2月の例会


【日 時】2月26日(日)13:00~17:00

【場 所】四日市市総合会館 3階 療育訓練室

 

第一部(13:00~14:15) 参加者3名(男性2名・女性1名)担当:M.R

 

現在、三重言友会ホームページを担当してもらっているM.Rさんにjimdoでの編集方法を教えて頂きました。今後、会員のページを作り、どんな会員が所属しているのかを公表していく予定です。(希望者のみ)

M.Rさんにはパソコンを持ち込んで頂き、丁寧に教えて頂きました!ありがとうございました♪(*^^*)

第二部(14:15~17:00) 参加者:6名(男性4名・女性2名)

 

役場に置いてある吃音啓発パンフレットを見て、I.Mさん(女性)が初参加されました。身内や周りに吃音者がおらず、ずっと一人で悩みを抱え込んでこられたそうです。吃音の認知や理解を広げていかないといけないと改めて感じました。

 

★吃症状を出さずにゆっくり話す体験★ 担当:T.M

京都府長岡京市で行われている吃音抑制グループ『ゆっくり会』を真似て、メトロノームを使い、皆で『ことばの自己療法:マルコム・フレーバー著』を輪読しました。最初は80から始め、90→100→110と徐々に速度を上げていき、最後はメトロノームなしで読みました。次に130の速度で自己紹介を順番にし、次はメトロノームなしで自己紹介をしました。

ゆっくり話している時、皆さん吃症状は出ていませんでしたが、症状が出ていないという事よりも、安心して言葉を発してもらうことが目的です。例会という安心できる場所で、人前で話せたという成功体験を積み、話すことに自信をつけて欲しいと思っています。

 

★テレビ取材の裏話★ 担当:N.M和尚

最近、東海テレビや三重テレビへの出演、スタジオ収録も経験されているN.M和尚にテレビ取材の裏側のお話を伺いました。

スタジオ収録とロケの緊張度の違い、報酬の違いなど、経験した者でないとわからない話ばかりで、皆興味津々で聞いていました。話はいつしか国際結婚のお話へ♪(*^^*)裏話はまだまだ尽きませんが、またお話を伺えたらと思います♪